目頭切開でスッキリ目元をゲット|目ヂカラアップ術

ドクター

複数の切開方法

目元

三日月法とZ法とW法

目頭切開における切開法は、複数あります。以前は主に、三日月法といって、三日月のように大きなカーブを描いた切開がおこなわれていました。しかし現在の目頭切開では、Z法やW法が多く選択されるようになっています。Z法はアルファベットのZの形に、W法はWの形に切開するという方法です。三日月法と異なり、切り口がギャザーのような形状になることから、目頭の内側で縫合できる分、傷跡が目立たない点がメリットです。また、Z法と比較するとW法の方が、切開する部分が大きい分、高い効果が出ます。つまり術後は、目がより大きく開くようになるわけです。それに対してZ法だと、W法で切開した場合ほど目は大きく開きませんが、その分自然な見た目に仕上がります。大きな変化を望まない人の場合、Z法の方が適しているわけです。

脂肪が多い場合は脱脂術も

まぶたの目頭の部分に脂肪が多くついていると、それによって目が多少塞がったような状態になります。脂肪が多い人ほど、塞がり具合も大きくなるのですが、上記の目頭切開により、この状態を改善することが可能です。しかし目頭の部分以外にも多くの脂肪がついている場合、目頭切開だけでは、十分に改善されないこともあります。そのような場合には、目頭切開と同時に脱脂術もおこなってもらうことが可能です。脱脂術とは、文字通り脂肪を抜き取るという手術です。具体的には、まぶたを裏返し、ごく小さな切れ込みを入れ、そこから中の脂肪を引っ張り出すのです。そうすることで目頭を含むまぶた全体がスッキリとした状態になり、目頭切開の効果が出やすくなります。